開運風水

風水とはなにか


招福のすすめ

気学の説明
(運を呼びこむ方法)

磁北の調べ方

散歩・転居等に良い日

小児殺
(数え年12歳以下の子供の凶方位)

[ 家の風水 ]
風水とはなにか
歴史
風水をなぜ利用するか
方位(方角)を正確に測定する
八方位に秘められたエネルギー
相性のいいインテリアとグッズ

[ 各部屋の意味 ]
玄関
居間
キッチン
トイレ
浴室
寝室
子供部屋
書斎
階段
その他



「風水学」とは古来中国に伝わる学問で、一言でいうと「環境学」のようなものです。
風水とは地球上のありとあらゆる自然現象をとらえてそれをあやつるのが風水である。
風水は環境開運学。
中国の先人が、私たちが住む世界を形作るすべてに影響を与えるある種のエネルギー(これを気という)
を龍にたとえ、気が風となってやって来て水の上に留まることを、龍が降りたという。
この龍が降りた状態こそが運気に恵まれることで、私たちの生活に良い結果をもたらしてくれることなのです。
家や周りの環境を、龍が降りやすい状態にするノウハウが風水という。

風水とは、「風」をあやつり「気」の流れを用いることにより、運気を上げるというものです。
家・建物の向きや位置、部屋のインテリアなどで気の善し悪しを判断し、それを改善して運気をあげる。。

「風」は気の流れやエネルギーの流れなど実際に体で感じる空気の流れのこと。
「水」は空気中に含まれる水分をはじめ、自然界全体の水のことを指します。
空気(風)と水、そして太陽は、人に限らず生物になくてはならないものです。
この“環境”をよくすることで、運を呼び込むというのが風水の考え方です。
風水は統計学的な環境学なのです。
たとえば、風通しが悪く空気の淀んだ空間にいると、息が詰まりそうになり、居心地が悪いと感じることはありませんか?
そのような場所で幸せを感じることはできないですね。
環境の中でいちばん大切『住まい』 をよりよくすることが、そこに暮らす人のしあわせにつながり、幸運を呼ぶことになるのです。


風水とは九星気学の理論に基づいて環境を意図的に変化させ、自分の「気」を最適な「気」に合わる行動をさします。
一般に家のレイアウトを自然の「気」に合った配置に変えていく「家宅風水」や、
お墓の方位を「九星気学」に基づいて決める「陰宅風水」などが有名になっています。
九星気学とは
生年月日によって判別する
「一白水星」「二黒土星」「三碧木星」「四緑木星」「五黄土星」「六白金星」「七赤金星」「八白土星」「九紫火星」であり、



運勢を上昇させるための方法として
「九星」をもとに自然のバイオリズムとの関係を割り出していくのが、運勢を上昇させる確実な方法であって、
実際に「風水」と呼ばれる手法によって実践していくことが最速の道だと考えます。



 興味のある事または悩んでることを九星で探してみます。                         

九星のもつ意味

九星 方位 干支 星の持つ意味(住居) 星の持つ意味(オフィス)
一白水星 健康・子供運 部下
二黒土星 南西 未・申 家庭・職業運 営業・・・総務・応接室
三碧木星 成功・発展運 創造・・・企画・商品開発・機械関係
四緑木星 南東 辰・巳 結婚・信用・営業運 信用・・・営業職・機械関係
五黄土星 中央 運勢全般 資質
六白金星 北西 戌・亥 地位・社会運 活動・・・トップの人間・機械関係
七赤金星 西 恋愛・金銭運 金銭・・・経理・営業職・会議室
八白土星 北東 丑・寅 親類・友人・不動産運 欲望・・・総務
九紫火星 知性・名誉運 先見・・・企画・商品開発・機械関係


 
例えば、
健康に心配があるというときは、一白水星がその意味を持ちますから、一白水星の方位(北)を吉相にすれば良いわけです。
病気に悩ませれている人は、北の方位に問題があると考え、不浄物 台所(正中線) トイレ(正中線) 浴室(正中線)
建物の欠け などがあるときは吉にする工夫をしてみましょう。台所があれば、台所を吉にする極意を参照してください。







Copyright(C)2010 MIRAINETSERVE All Right Reserved