開運風水

方位(方角)を正確に測定する方法


招福のすすめ

気学の説明
(運を呼びこむ方法)

磁北の調べ方

散歩・転居等に良い日

小児殺
(数え年12歳以下の子供の凶方位)

[ 家の風水 ]
風水とはなにか
歴史
風水をなぜ利用するか
方位(方角)を正確に測定する
八方位に秘められたエネルギー
相性のいいインテリアとグッズ

[ 各部屋の意味 ]
玄関
居間
キッチン
トイレ
浴室
寝室
子供部屋
書斎
階段
その他


家の中心点を決める(太極)

家の見取り図を作る。見取り図は正確に。
家が、正方形や長方形のときは対角線の交わったところが中心点
家のある部分が出っ張っているときは(出窓やベランダなどは無いものとして)
分割してそれぞれの中心を求め、それぞれの建物の中心を結びます。
上と同じように、分割してそれぞれの中心を求め、それぞれの中心を結びます。
上の二つを合成すると、建物の中心を求めることができます。         



別の方法で中心点の決め方

厚紙に見取り図を正確に描きます。
見取図の形に厚紙を切り抜きます。
鉛筆やボールペンなどを用意して、先端の尖った部分に、切り抜いた見取り図を乗せてバランスが取れる位置を探します。
この位置が中心です。

磁北

磁石を使って調べます。家の中心点で磁石が指す北が北です。
地図の北は正確ではありません。
必ず磁石を使ってください。これでも真北を指していません。
なぜなら地球の磁北や磁南は北極や南極よりずれた所にあるので、
磁針の方位に誤差があるのです。その角度は地域によって違ってきます。
正確な方位を出すためには修正しなければなりません。
日本ではやや西に磁針が指しますのでその角度だけ西に移動させます。
調べたい住居の都市を参考にしてください。
西偏角度は国土地理院の発表している磁気偏角一覧図からひろいました。(県庁所在地)


調べたい所在地は国土地理院の一覧図で調べてください。 
http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/geomag/images/menu_04/henkakuitiran2000.pdf


北海道 札幌 9.50 東京都 東京(新宿区) 6.50 滋賀県 大津 7.20 香川県 高松 7.00
青森県 青森 8.10 神奈川県 横浜 7.00 京都府 京都 7.10 愛媛県 松山 6.40
岩手県 盛岡 8.20 新潟県 新潟 8.10 大阪府 大阪 6.50 高知県 高知 6.50
宮城県 仙台 8.00 富山県 富山 7.30 兵庫県 神戸 7.00 福岡県 福岡 6.40
秋田県 秋田 8.20 石川県 金沢 7.30 奈良県 奈良 7.00 佐賀県 佐賀 6.30
山形県 山形 7.10 福井県 福井 7.20 和歌山県 和歌山 6.50 長崎県 長崎 6.10
福島県 福島 7.30 山梨県 甲府 6.10 鳥取県 鳥取 7.30 熊本県 熊本 6.10
茨城県 水戸 7.00 長野県 長野 7.00 島根県 松江 7.30 大分県 大分 6.40
栃木県 宇都宮 7.20 岐阜県 岐阜 7.10 岡山県 岡山 7.00 宮崎県 宮崎 6.00
群馬県 前橋 7.20 静岡県 静岡 6.20 広島県 広島 6.50 鹿児島県 鹿児島 6.10
埼玉県 さいたま 7.00 愛知県 名古屋 7.10 山口県 山口 6.50 沖縄県 那覇 4.00
千葉県 千葉 6.50 三重県 6.50 徳島県 徳島 6.50





正確に測らなくても、吉と凶が隣になっているときは下記の例のように考えましょう。
例えば玄関で、東は吉で北東は凶のとき、東北と東の境界線ぎりぎりまでは吉と考えてもいいと思います。少し西に動かしますので。
また、南は吉で南西は凶のとき、南と南西の境界線辺りは凶と考えた方がいいと思います。

磁北がわかったら磁北をもとに東西南北の線を引き左右15度ずつ計30度の範囲(四正方位)         


その間にある北東・南東・南西・北西は対角線の左右30度ずつ計60度の範囲(四隅方位)


正中線とは太極(家の重心・中心)を通り南北、東西に引かれた線  


四隅線とは北東(鬼門)・南西(裏鬼門)、南東・北西の線    


◎磁北が正確に調べられない方は
方位と方位の境界線ギリギリの場所は避けた方が無難です。吉方を用いたはずが凶方ということにもなりかねません。
                    

龍脈 
玄関のある壁を3等分します。
左右均等に3分の一になる線を引き、真ん中のライン3分の一が龍脈になります。














◎龍脈  吉相の家には、龍脈に水場がないことが第一条件

運気は玄関から入ってきて、まっすぐ家の中心を通り、そのまま反対側の対角線の方角へ流れていく
この運気の通り道のことを「龍脈」といいます。文字通り幸運の通り道。
玄関ドアの真ん中と家の中心、反対側の壁までを線で結び、そこから左右均等に、玄関がある壁の3分の1の幅になるよう線を引いた空間です。
ただし玄関が北にある家は、磁気が北に向かって流れている関係で、龍脈が南の壁まで届きません。
中心ぐらいで止まってしまいますが、その分横幅は玄関がある壁の3分の2の幅広くなります。
さらに各部屋の入り口からも、龍脈が発生しています。
場所によっては家全体の龍脈と各部屋の龍脈の重なる部分があればここが大吉の空間に。
このゾーンで長く過ごすのが開運のこつなのですから、リビングならソファを、寝室ならベッドを置くと最高です。

龍脈は常に清潔でなければなりません。
掃除を心掛け、龍脈は毎日きれいにしましょう。
龍脈をきれいにすれば、運気が上がり、幸運が家に入りやすくなります。



Copyright(C)2010 MIRAINETSERVE All Right Reserved